スタジオ案内

2016-05-13 06:46:00

佐々木倫子プロフィール

からだ改善スタジオ笑顔工房ふれる代表
 

佐々木倫子


<いくつになっても「あきらめない」、わたしのカラダ。>を

コンセプトに腰痛に悩む女性に向けたレッスンを得意とする

腰痛対策エクササイズ講師。

 

鹿屋体育大学卒業、スポーツ系専門学校教員を経た後、インストラクターとして年間述べ約4,000人に指導を行う。また現在、医療系専門学校にて非常勤講師として授業を担当する他、これまでに大阪府の公共機関や保育園・小中学校、子育てイベント等での講座も多数担当。そして個人指導では実業団選手やアメリカ独立リーグ所属選手などの指導経験もある。

 

学生の頃より坐骨神経痛や急性腰痛症(ぎっくり腰)に悩み、10年弱身体を動かすことに縁のない生活を送っていたが、身体が発する警告を素直に受け入れる事の大切さを身をもって経験し、自身の体の変化と共に「もう年だから」「私は身体が硬いから」などの言葉がなくなり、あきらめない身体と姿勢(気持ち)の手に入れ方を身につける。

 

現在は、知らず知らずに持っている「できない」という思い込みの枠を外し、可能性を最大限に開くことをヨガやピラティスレッスンを通してレッスンを展開。具体的なアドバイスを盛り込んだレッスンが好評で「身体の感覚が変わった」「痛みがなくなり、身体が楽になった」など評判をよび、近所から大阪府外の西宮市からの参加者もあり。そのわかりやすさと説得力の高さに自治体から教育機関まで幅広く支持されている。

 

1人1人が違う痛みやコリ、仕事や家事、デスクワークなど日常生活での身体の使い方や疲れとの付き合い方を個別性を大切にしているため、出張レッスンや講座も積極的に活動中。

 

【実績】

大阪市平野区市民協働課子育て応援事業 八尾市駅前保育園ハッピーチルドレン、子育て支援グループ ママnetPowerWoman、(個人レッスン)マラソン実業団選手、アメリカ独立野球リーグ所属選手、西成区子ども・子育てプラザ、西成区子育て支援センター、市民交流センターにしなり、西成区老人福祉センター、松原市人権文化室男女共同参画事業部、(株)スタジオアリス、虐待問題研究所、西成区梅南小学校、堺市三国が丘中学校など、多数